高校入試の現状1

みなさんは、志望校はお決まりでしょうか?
おそらくほとんどの方が、「決まっていない」「まだ意識していない」「自分がどこに入れるかわからない」とのご返答だと思います。
しかし、中学1年生は1年半後、2年生は半年後には受験生になります。自分自身の将来を真剣に考え、選択しなければなりません。

現在東京都立高校入試では、とても激しい競争が繰り広げられています。
都立入試こそ『狭き門』と言えます。



●都立高校一般入試 不合格者数は過去最多

平成29年度の都立高校一般入試は合格率70.4%、不合格者数は13,479人になり、過去最多の不合格者数を数えた前年度を約100人上回る大激戦になりました。

これだけ大量の不合格者がでる公立高入試は日本全国でも東京都だけです。平成24年度以降、このような状況が続いています。

したがって都立高校を第一志望と考えている生徒は、都立入試の厳しさをよく理解し早めの対策が必要です。

●都立高校推薦入試 3分の2が不合格

平成29年度の都立高校推薦入試は合格率33.3%で、受験生の3分の2が不合格になりました。

内申点が高い生徒やはっきりとした目標意識のある生徒が、推薦入試に合格する傾向があります。
集団討論、個人面接、作文(小論文)などから生徒の意志が審査されます。

したがって中学校生活の早い段階で高校入試や将来への意識を持つことが大切になります。

次へ→

タイトルとURLをコピーしました